文芸誌「詩と音楽のための洪水」第18号掲載

   2018/01/21

洪水企画 「詩と音楽のための洪水」第18号に、エッセイ「演じる身体、歌うカラダ」を寄稿しました!

特集「音楽劇・オペラ・歌物語」に寄せて、パフォーマンスとしての音楽と演劇の共通点について「身体性」をキーワードに述べてみました。p.50に掲載されています。
後から気づきましたが、明確に銘打たれたものとしては、初めてのエッセイ執筆です。
PDF配信サービスはこちらから!

よろしければコメントをどうぞ!

(メールアドレスは入力しても公開されません)