詩誌「詩素」6号掲載

 

洪水企画刊「詩素」6号に、 詩「改元」が掲載されました!

2019年5月1日、すなわち令和元年初日発行の「詩素」6号。
本来、時事ネタはあまり得意ではないのですが、ふと魔が差して……「改元」というタイトルで、平成という時代に捧げるレクイエムを寄稿しました。

掲載はp.20-21です。どうぞ改元熱が冷めないうちにご笑覧ください。

さて毎号のお楽しみは、執筆者同士が作者名を伏せられた状態でお互いの原稿を読み、投票し合って巻頭掲載が決まるアンケート方式。
今回はお一人から票をいただきました。

「『改元』名称とは裏腹な『平成』時代の終焉に対する眼差しの厳しさとせつなさ」(野田新五さんより)

いつも昭和という時代への眼差しの温かさとせつなさを感じさせる詩を書かれている野田さんからのコメント、とてもうれしいです。ありがとうございます!

なお、巻末のレビューコーナー「端切れゔゅう」に、星屑の会『星屑の町 完結篇』の観劇レビューもご掲載いただいています。

よろしければ、お手に取っていただければ幸いです。定価は税込500円。
掲載誌の公式情報はこちら

よろしければコメントをどうぞ!

(メールアドレスは入力しても公開されません)