文芸誌「みらいらん」第3号掲載

 

2019年1月15日発行の洪水企画 「みらいらん」第3号に、エッセイ「詩に呪われた日のこと」を寄稿しました!

小特集「異国の詩歌と睦ぶ」というテーマに寄せたもので、p.92-93に掲載されています。

「なぜ詩を書くようになったのか」というのは割とよくある質問ですが、二条の場合は「もともと小説や脚本を書いていた流れで、なんとなく」としか答えられないというのが正直なところです。

しかし「誰の作品がきっかけになったか」と訊かれれば、これはもうはっきりとしています。でもあまり訊かれることがなかったので、おそらく公に書いたのはこれが初めて。

あまつさえ勢いで、思春期まっさかりに書いた(身内にも誰にも見せたことのない)完全未発表作品まで引用してしまいました(ああ、なんてこと)

まあ、それはともかく。
「みらいらん」は、詩だけでなく対談やレビューなどとても興味深く読める雑誌で、創刊号から楽しみに拝読してきただけに、参加させていただけたのは光栄のかぎりです。

本体1000円+税。
詳細情報は発行元・洪水企画のサイトをご覧ください。
amazonでもご購入いただけるようです。

よろしければコメントをどうぞ!

(メールアドレスは入力しても公開されません)